JEMA BLOG
子宮内膜症のみなさま

長年、木曜夜(18時~20時)で行っていた医療電話相談を、水曜夜(18時~20時)に変えることに致しました。

06-6764-4344 水曜18時~20時
活動や体調ほかで、中止や短縮もある


JEMAの電話相談は、設立2年後の1996年に開始し、回数・曜日・時間は様々に変えて参りましたが、10年ほど前からは、木曜夜(18時~20時)で固定しておりました。

今回、担当者(JEMA代表いぬい)の都合により、水曜に変えさせていただきます。

ちなみに、JEMAの電話相談は、基本的に代表いぬい益美が担当し、途中、1998年あたりから2003年夏までは専従スタッフKさんと2人で担当、以後またいぬい1人で担当しております。

相談に際し、まず、お名前・年齢・都道府県・結婚の有無・出産の有無などをお聞きし、平均20分(長いと1時間)ほどのご相談をした最後に、ご住所をお聞きして、後日、寄付のお願い封書(寄付用の郵便振替用紙同封)をお送りしています。

ただし、以前はご寄付して頂いた方には、4ページの内膜症解説パンフと、16ページの内膜症のニュースレターをお送りしていましたが、ボランティア・スタッフ激減などのため、ここ数年、寄付は頂いても何もお送りしないことが続いております。

その寄付も、非常に、もの凄く、減っております。

そもそも、電話相談自体が、激減しております。

社会改革をするNPOにとって、困った人の相談が減るということは、大変喜ばしいことです。
実際、JEMAの長年の活躍により、子宮内膜症の医療状況が圧倒的に改善されているわけで、困っている人が激減しているわけです。

それでも、電話相談をなくすわけにはいきませんし、団体をなすわけにもいきません。
心身が健全である間は、維持していきますので、どうぞご利用下さい。

いぬい益美は現在63歳、不思議なことに、人生で一番健康でして、多彩な活動をしております。その一環で、木曜夜に別の用事で出かけることになったというわけです(^_^)

ちなみに、なぜ人生で一番健康かというと
・エストロゲン単独補充を続けている(51歳開始、50代後半から半量に)
・カーブスに代表される女性専用30分筋トレを4年以上続けている
・炭水化物を減らし、タンパク質や野菜を多彩に食べる食生活に変えた
・いろんなことに興味関心を持ち、まだまだ新しいことに挑戦している
・昼夜逆転は30年ほど続いており、改善できないし、そのせいで1日2食プラスαだけど、なぜか元気(^_^)









下のリンクからアマゾンでお買いものいただくと、金額の数%がJEMAに寄付されます

 Amazon.co.jpアソシエイト