JEMA BLOG JEMA BLOG: 2015年12月アーカイブ
ついに、2015年12月、ルナベル配合錠LD(JEMAが生み出したと言っても過言ではない内膜症で保険適用を持つOC)の、ジェネリック(後発医薬品)が登場しました。

フリウェル配合錠LD(持田製薬)

なんと、薬価はルナベル配合錠LDの半額です!!!

半額というのは大きいですよねえ!
経済的な問題がある人はとくに、こちらに替えるのをお勧めします。

注意してほしいのは、ルナベル配合錠ULD(超低用量タイプ)のジェネリックではないということ。
ルナベル配合錠ULD(エストロゲンが20マイクログラムの超低用量タイプ)を愛用している人だと、2倍近く用量が増えるので、安易に替えるわけにはいきませんよ。



2013年末から始まった血栓症不安に対し、日本産科婦人科学会が積極的に取り組み、2015年11月、ついに、『OC・LEPガイドライン 2015年度版』が発行されました。

最新のEBMやWHOのガイドラインに基づいた、非常ーーーに詳しいOC(ピル)とLEPの解説集でもあります。

下記で、誰でも購入できます(4000円もしますが)。

日本産科婦人科学会ホームページ
OC・LEPガイドライン刊行・頒布開始のお知らせ

なんと、このガイドライン冊子の巻頭言の最後には、日本産科婦人科学会理事長の小西郁生氏が、血栓症問題を受け、こう書いているのです。

「・・・・・わが国のこのような状況下で、若い女性にとって多くのメリットを有するOC・LEP製剤を、きちんとした説明を受け納得したうえで、正しく使用していただくことが改めて求められているわけです。その意味で、今回、このOC・LEPガイドラインの発刊はきわめて時宜を得たものであり、OC・LEP製剤の効用と有害事象がわかりやすく説明されており、医療者のみならずこの製剤を服用する女性の方々にもぜひ読んでいただきたいものとなりました。」

JEMAの思いとしては、まず、日本中のすべての産婦人科医に、ちゃーーーんと読んでもらいたいと思っておりますよ!


2015年春から、厚労省科学研究費で、東大産婦人科を中心に、希少部位(他臓器)子宮内膜症の診療ガイドライン作成研究が始まっています。

これは、2014年の晩秋からJEMAが始めた活動が実ったものです。

希少部位(他臓器)子宮内膜症は、下血なら消化器外科、血尿なら泌尿器科、気胸や喀血なら呼吸器科、へそなら皮膚科と、それぞれの科で診療が行われるため、ほとんど知識のないそういう科の医師らの診療状況は、産婦人科でいえば20世紀のような状況も多く、少数とはいえ、罹患女性たちはとても苦しい状況に置かれている場合が多いのです。

JEMAでは、すでに2004年1月から、ホームページ内の非公開掲示板「他臓器子宮内膜症 self help のお部屋」で、かなり具体的で積極的な医療情報サポートを行っていますが、100人規模の登録者にしか手は届きませんでした。

そこへ、2014年秋、すでに内膜症による気胸の患者団体(桔梗の会)ができていると知ったことから、JEMAとしてすぐ動き出し、その団体をはじめ、関係医療者や企業と多面的な交渉を展開した結果、東大産婦人科が中心となって、他科を交えて、「希少部位子宮内膜症の他科と連携した集学的な診療ガイドラインを作成する」、という研究が、厚労省科学研究として2015年春に認められ、3年間をめどに動き出したのです。

今秋の東大産婦人科との懇談で、うまくいかないようなら年内にJEMAに連絡するということでしたが(JEMAも厚労省にプッシュする)、いまだ連絡がないので、うまく動いていると思われます。

産婦人科が、他の科と連携した集学的診療ガイドラインを作るというのは、非常にまれなことですよ。

2年3か月ぶりのブログ再開です。

前記事、2013年9月30日以降、ピタッと何も書けなくなったのは、その年末から始まったOC(内膜症や月経痛の治療薬、あるいは経口避妊薬)による血栓症死亡報道をうけ、JEMAとしてなんと書いていいのか迷う日々が始まったからでした。

OC(ピル)についてある程度知っている人なら、大勢の服用者の中にはまれに血栓症になる人たちが出ること、その中で亡くなってしまう人たちもごく少数ながら出てしまうことは、OC(ピル)のA to Zの知識として、当たり前にわかっていたことです。

しかし、この時のヤーズ(バイエル社)の血栓症死亡報道で知ったのは、8月の女性が20代(月経痛治療、ニキビ治療、月経不順で使用、服用2日目に発症)、10月の女性はなんと10代(内膜症の月経痛治療で使用、服用1年半ごろに発症)だったというのだから、あまりの若年者に、もう大変なショックを受けてしまいました。

日本でもすでに血栓症は何十人か出ていて、30代の女性が亡くなっているということは、1~2年前にノーベルファーマ社(ルナベル開発企業)から簡単に聞いていました。
また、ヤーズ(超低用量タイプで世界ではYazという)と、Yasmin(日本にはないがヤーズの低用量タイプ)について、欧米では以前から血栓症が問題になり、とくにアメリカで大量の訴訟が起こっていることも知っていました。

それでも、世界中の人が読めるこのJEMAブログで、いったいなんと説明すればいいのか、ただただ迷うばかりだったのです。

といいつつ、実は、毎月2回発行し続けているまぐまぐの有料メールマガジン「JEMAネット通信(2004年3月発刊)」では、2013年11月1回目の記事からほぼ連続で、血栓症問題について情報提供し続けました。

それらを書くために調べたところ、以前は日本人は欧米人ほど血栓症は起こらないという定説だったのが、循環器の血栓症の基礎研究が進み、日本人の血栓症リスクは欧米人とさほど変わらないとわかってきた、ということです。


そして、迷う日々に追い打ちをかけたのが、2014年1月の厚労省発表でした。
ヤーズで3人目が亡くなったことから(40代、筋腫の月経痛治療で使用、1年すぎに発症)、「ヤーズに安全性速報(ブルーレター)」が出たのです。

そして、ヤーズとルナベルというLEP(レップ:低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬:日本だけの表現で内膜症や月経痛の治療薬としての保険適用を持つOCのこと)と、すべてのOC(ピル:経口避妊薬)の、添付文書が改訂されました。

ブルーレターってなんぞやと調べたところ、1年に1つ程度しか出ないキツイ通知で、迅速な注意喚起と対応をせよ、ということだそうな。
その上に数年に1つしか出ないイエローレター(回収命令)というのもあります。

この数日後に、毎年恒例の内膜症の学会(エンドメトリオーシス学会)が鹿児島でありましたが、学会中にこの大問題に関する話はさして出なかったので、懇親会で、JEMAとして、日本産科婦人科学会理事長に早急な対処を訴えました。

なお、血栓症による死亡者は、内膜症や月経痛の治療で保険適用のあるヤーズやルナベルだけでなく、自由診療の経口避妊薬であるマーベロンやオーソMなどにも出ています。


日本産科婦人科学会の関連情報

「低用量ピルの副作用について心配しておられる女性へ」

「月経困難症治療剤ヤーズ配合錠を服用される患者様とご家族の皆様へ」




このあとも、少々記事を書きますが、あわただしい年末ですので、項目列挙程度になります。

<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

下のリンクからアマゾンでお買いものいただくと、金額の数%がJEMAに寄付されます

 Amazon.co.jpアソシエイト