JEMA BLOG
今年になって5日と12日の電話相談は休みましたが、本日(19日)は実施していたのに、一人もかからないと思っていたら、別室の本機には18時前後にかかっていました。

しかし、相談を行う部屋に置いている子機は一切反応しておりませんでした。
調べたところ、子機の待機状態が昨年末に電話相談をしたあと、間違ったようです。
残念ですが、来週、またかけて下さいね。


JEMAは今週末土日、東京でエンドメトリオーシス学会(内膜症の学会)に参加します。

JEMAが学会に参加し始めたのは、1996年10月に横浜で開催された第5回世界子宮内膜症学会からで、いきなりの国際学会でした。
アメリカの子宮内膜症協会(EA)が既にそれまでの世界学会に参加していたので、横浜でも患者サポート組織用ブースを出せるよう日本の学会事務局と交渉してほしい、という流れで実現したことでした。

日本のエンドメトリオーシス研究会(エンド学会の前の名称)に初めて参加したのは翌年の1997年6月だったから、2017年今年は20年になるんですね~~

「JEMAのあゆみ」に、年表で詳しく紹介しておりますよ(^_^)
http://www.jemanet.org/10_improvement/index.php

2017年、明けましておめでとうございます。
  今年もどうぞよろしくお願いいたします <m(__)m>


かなり久しぶり、1年ぶりのブログ更新で恐縮です(^^ゞ

さて、さきほど、2017年最初のメールマガジンを発行しましたが、受信できていない人はおられませんか?

実は、発行代行業者「まぐまぐプレミアム」の配信ドメインが、年末に変更されておりました。

2017年1月5日23時50分に発行したJEMAのメールマガジン306号が受信できていない人は、以下の「まぐまぐプレミアム」さんの説明を参考にして、調整してみて下さい。



■配信元ドメイン変更のお知らせ

現在、弊社のメルマガの配信元ドメインが、
以下の通り変更されております。

<旧ドメイン>
mag2.com
 
<新ドメイン>
mag2tegami.com(無料メルマガ)
mag2premium.com(有料メルマガ)
mag2official.com(オフィシャルメルマガ1)
mag2-tayori.com(オフィシャルメルマガ2)

読者様からメルマガ不達のお問合せがありましたら、
下記ヘルプページを参考に、メールの受信設定をご確認いただくよう
ご案内をお願いいたします。

●メルマガが届かないとき
http://help.mag2.com/000335.html

●登録したメルマガが迷惑メール扱いになってしまいます
http://help.mag2.com/000235.html


また、ご不明な点がございましたら
reader_yuryo@mag2.com までご連絡いただくようお知らせください。



みなさま、2016年もよろしくお願い致します。

新年が始まってまだ3週間が過ぎようとしているだけですが、実にいろいろなことが起こりますね~
自然も、暖冬とばかり思っていたら、今週からいきなり厳冬だし。


さて、日本の内膜症の世界では、明日から熊本で、年に一度のエンドメトリオーシス学会(内膜症の学会)があるので、今年もしっかり聴講的ウオッチング、ロビー活動、発言なども、してきますよ   
(*'ー'*)ふふっ♪


ところで、ずーっとほとんど気にしてなかったアクセス統計というものが、トップページに表示されている数値がほとんど役にたってないことがわかりました。
というより、ちゃんとアクセス解析をしてくれている管理ページを何年も全然見ていなかった、というだけのことなんです・・・

たとえば、

トップページ左下方にあるアクセス統計では、最近1ヶ月の合計は 1414

しかし、JEMAが使っているレンタルサーバーのマイページのアクセス統計を見ると(もの凄く詳しいけどごく簡単な数値だけ)

2015年12月
 全visits(1人が何ページ見ても1件) 15016
 全Pages(アクセスされたページ数) 33796

2015年6月
 全Visits  16938
 全Pages  36430

2016年1月も、22日未明現在で、全Visitsは10002 になっています。

ということで、今でも結構多くの人に見て頂いているのだと、再認識した年末年始でした~~






ついに、2015年12月、ルナベル配合錠LD(JEMAが生み出したと言っても過言ではない内膜症で保険適用を持つOC)の、ジェネリック(後発医薬品)が登場しました。

フリウェル配合錠LD(持田製薬)

なんと、薬価はルナベル配合錠LDの半額です!!!

半額というのは大きいですよねえ!
経済的な問題がある人はとくに、こちらに替えるのをお勧めします。

注意してほしいのは、ルナベル配合錠ULD(超低用量タイプ)のジェネリックではないということ。
ルナベル配合錠ULD(エストロゲンが20マイクログラムの超低用量タイプ)を愛用している人だと、2倍近く用量が増えるので、安易に替えるわけにはいきませんよ。



2013年末から始まった血栓症不安に対し、日本産科婦人科学会が積極的に取り組み、2015年11月、ついに、『OC・LEPガイドライン 2015年度版』が発行されました。

最新のEBMやWHOのガイドラインに基づいた、非常ーーーに詳しいOC(ピル)とLEPの解説集でもあります。

下記で、誰でも購入できます(4000円もしますが)。

日本産科婦人科学会ホームページ
OC・LEPガイドライン刊行・頒布開始のお知らせ

なんと、このガイドライン冊子の巻頭言の最後には、日本産科婦人科学会理事長の小西郁生氏が、血栓症問題を受け、こう書いているのです。

「・・・・・わが国のこのような状況下で、若い女性にとって多くのメリットを有するOC・LEP製剤を、きちんとした説明を受け納得したうえで、正しく使用していただくことが改めて求められているわけです。その意味で、今回、このOC・LEPガイドラインの発刊はきわめて時宜を得たものであり、OC・LEP製剤の効用と有害事象がわかりやすく説明されており、医療者のみならずこの製剤を服用する女性の方々にもぜひ読んでいただきたいものとなりました。」

JEMAの思いとしては、まず、日本中のすべての産婦人科医に、ちゃーーーんと読んでもらいたいと思っておりますよ!


2015年春から、厚労省科学研究費で、東大産婦人科を中心に、希少部位(他臓器)子宮内膜症の診療ガイドライン作成研究が始まっています。

これは、2014年の晩秋からJEMAが始めた活動が実ったものです。

希少部位(他臓器)子宮内膜症は、下血なら消化器外科、血尿なら泌尿器科、気胸や喀血なら呼吸器科、へそなら皮膚科と、それぞれの科で診療が行われるため、ほとんど知識のないそういう科の医師らの診療状況は、産婦人科でいえば20世紀のような状況も多く、少数とはいえ、罹患女性たちはとても苦しい状況に置かれている場合が多いのです。

JEMAでは、すでに2004年1月から、ホームページ内の非公開掲示板「他臓器子宮内膜症 self help のお部屋」で、かなり具体的で積極的な医療情報サポートを行っていますが、100人規模の登録者にしか手は届きませんでした。

そこへ、2014年秋、すでに内膜症による気胸の患者団体(桔梗の会)ができていると知ったことから、JEMAとしてすぐ動き出し、その団体をはじめ、関係医療者や企業と多面的な交渉を展開した結果、東大産婦人科が中心となって、他科を交えて、「希少部位子宮内膜症の他科と連携した集学的な診療ガイドラインを作成する」、という研究が、厚労省科学研究として2015年春に認められ、3年間をめどに動き出したのです。

今秋の東大産婦人科との懇談で、うまくいかないようなら年内にJEMAに連絡するということでしたが(JEMAも厚労省にプッシュする)、いまだ連絡がないので、うまく動いていると思われます。

産婦人科が、他の科と連携した集学的診療ガイドラインを作るというのは、非常にまれなことですよ。

2年3か月ぶりのブログ再開です。

前記事、2013年9月30日以降、ピタッと何も書けなくなったのは、その年末から始まったOC(内膜症や月経痛の治療薬、あるいは経口避妊薬)による血栓症死亡報道をうけ、JEMAとしてなんと書いていいのか迷う日々が始まったからでした。

OC(ピル)についてある程度知っている人なら、大勢の服用者の中にはまれに血栓症になる人たちが出ること、その中で亡くなってしまう人たちもごく少数ながら出てしまうことは、OC(ピル)のA to Zの知識として、当たり前にわかっていたことです。

しかし、この時のヤーズ(バイエル社)の血栓症死亡報道で知ったのは、8月の女性が20代(月経痛治療、ニキビ治療、月経不順で使用、服用2日目に発症)、10月の女性はなんと10代(内膜症の月経痛治療で使用、服用1年半ごろに発症)だったというのだから、あまりの若年者に、もう大変なショックを受けてしまいました。

日本でもすでに血栓症は何十人か出ていて、30代の女性が亡くなっているということは、1~2年前にノーベルファーマ社(ルナベル開発企業)から簡単に聞いていました。
また、ヤーズ(超低用量タイプで世界ではYazという)と、Yasmin(日本にはないがヤーズの低用量タイプ)について、欧米では以前から血栓症が問題になり、とくにアメリカで大量の訴訟が起こっていることも知っていました。

それでも、世界中の人が読めるこのJEMAブログで、いったいなんと説明すればいいのか、ただただ迷うばかりだったのです。

といいつつ、実は、毎月2回発行し続けているまぐまぐの有料メールマガジン「JEMAネット通信(2004年3月発刊)」では、2013年11月1回目の記事からほぼ連続で、血栓症問題について情報提供し続けました。

それらを書くために調べたところ、以前は日本人は欧米人ほど血栓症は起こらないという定説だったのが、循環器の血栓症の基礎研究が進み、日本人の血栓症リスクは欧米人とさほど変わらないとわかってきた、ということです。


そして、迷う日々に追い打ちをかけたのが、2014年1月の厚労省発表でした。
ヤーズで3人目が亡くなったことから(40代、筋腫の月経痛治療で使用、1年すぎに発症)、「ヤーズに安全性速報(ブルーレター)」が出たのです。

そして、ヤーズとルナベルというLEP(レップ:低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬:日本だけの表現で内膜症や月経痛の治療薬としての保険適用を持つOCのこと)と、すべてのOC(ピル:経口避妊薬)の、添付文書が改訂されました。

ブルーレターってなんぞやと調べたところ、1年に1つ程度しか出ないキツイ通知で、迅速な注意喚起と対応をせよ、ということだそうな。
その上に数年に1つしか出ないイエローレター(回収命令)というのもあります。

この数日後に、毎年恒例の内膜症の学会(エンドメトリオーシス学会)が鹿児島でありましたが、学会中にこの大問題に関する話はさして出なかったので、懇親会で、JEMAとして、日本産科婦人科学会理事長に早急な対処を訴えました。

なお、血栓症による死亡者は、内膜症や月経痛の治療で保険適用のあるヤーズやルナベルだけでなく、自由診療の経口避妊薬であるマーベロンやオーソMなどにも出ています。


日本産科婦人科学会の関連情報

「低用量ピルの副作用について心配しておられる女性へ」

「月経困難症治療剤ヤーズ配合錠を服用される患者様とご家族の皆様へ」




このあとも、少々記事を書きますが、あわただしい年末ですので、項目列挙程度になります。

<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
内膜症治療薬として愛用されているルナベルの超低用量タイプとして、「ルナベル配合錠ULD」が6月28日に厚労省から承認され、薬価はこれまでのルナベルと同価格で、先週9月26日(木)から処方が始まっています!

ルナベル配合錠ULD
  エストロゲン剤 エチニルエストラジオール(EE) 0.02㎎
  プロゲスチン剤 ノルエチステロン(NET) 1㎎
  保険適応名   月経困難症

実はこれまでのルナベルLDも、「内膜症の月経困難症」というしばりをやめて、保険適用名は「月経困難症」だけになっており、今回の超低用量も同じです。

ルナベルLD(Low Dose:ロー・ドーズ:低用量)EE:0.035㎎ NET:1㎎
ルナベルULD(Ultra Low Dose:ウルトラ・ロー・ドーズ:超低用量)EE:0.02㎎ NET:1㎎


これで、日本で使えるピルのうち、厚労省が月経困難症治療薬(もちろん内膜症治療もできる)として保険適用承認したものが、3品になりました。
ちなみにめんどくさいですが、日本だけなんだけど、この3品は公式にはピルではなく(実質的にピルですが)、低用量エストロゲン・プロゲステロン配合薬(LEP)なんぞと呼んだりします。

・ルナベルLD(2008年4月承認取得)・・・低用量タイプ
・ヤーズ(2010年9月承認取得)・・・・・・・超低用量タイプ
・ルナベルULD(2013年6月承認取得)・・超低用量タイプ

ただし、今回のルナベルULDは新薬扱いになってしまうので、今後1年間は30日分の処方しかできません。
実質的には21日分が1シートで、ふたつきパッケージになっているので、21日分(休薬する場合は28日分になる)ということになりますよね・・・
まさか、あのパッケージをはさみで切り取って、あと9日分をバラで手渡されるなんてこと、しないわよねえ・・・うーん、わからん・・・

今回処方が始まったルナベルULDはふたつきのパッケージタイプになっているわけですが、販売企業2社(日本新薬と富士製薬)が作ったパッケージのデザインが全く違っているので(色調は似てはいるけど)、なんか違う薬のように思う人が出てくるかもしれませんが、中身はまるで同じですよ。
なんだかつまらない大人の事情ですわな ┐('~`;)┌



久々の登場で恐縮です (^^ゞ

今週から(2013年8月)、電話相談時間を1時間早め、木曜の18時~20時に変更します!

みなさま、よろしくお願い致します。


* 28日未明、功罪の「功」を大幅に加筆、全体的に少し修正しました。


2月20日に放送された「ためしてガッテン さらば、あのツライ痛み! 260万人を襲う謎の病」は、子宮内膜症でした。
見逃した人や録画しそこなった人は、今日(26日)の午後4時5分から再放送です。

過去、これと同程度に長い番組は、2002年10月30日放送、フジテレビの「発掘! あるある大辞典」で(1時間番組だが正味45分ほどか)、2002年当時としては画期的な内容でした(2ヶ月前からJEMAに取材があり、医師の選定から内容にまでどっぷり協力)。

今回「ためしてガッテン」をご覧になった内膜症のみなさんは、どういう感想を持たれましたか?
また、親、夫や彼、兄弟姉妹、親族、友人、知人などから、どんなことを言われましたか?

といっても、それぞれが持っている内膜症の知識の程度によって、内膜症の女性本人でも感想は千差万別になりますね。
以下は、ネットをできるだけ回って収集したものとボランティアスタッフさんらの感想などを元に、脚色してみました。

「知ってることばかりで初級編ね」
「だから私はもう何年も不妊治療やってるわ」
「今の若い女子はピル治療が当たり前で幸せすぎる、私はGnRHアゴニストの後遺症とつきあう人生よ」
「私と同じ病気で苦しまないよう、高校生の娘にはちゃんとピルを飲ませてるわ」
「"子宮内膜ちゃん"はあの通りの良い子で働き者だけど、内膜症は"子宮内膜症細胞ちゃん"だから全然説明が違うじゃん、こっちは悪魔でしょ」
こんなベテランさんたちもいるでしょうが、

「病院行ってるのにほとんど説明してもらってないから、すっごい勉強になった」
「ピルなんか恐いと不安だったけど、やっぱり飲まなきゃ」
「登場した患者さんたちに励まされた」
という人たちもいれば、
「半分も不妊だなんて辛すぎる」
「彼もきっと番組を見たからどーしよう?」
「肺にどんどん血がたまりまくって肺が破れるとか、卵巣ガンになるとか、もう恐すぎてイヤーー」
という人たちも(お母様たちも)多かったでしょうね。

この19年間、専門医と議論してきた知識レベル(もし英語が堪能であれば世界の専門医でも)と、患者視点の独自の大規模データを3回もとってきたJEMAは、日本で最も内膜症がわかっている立場であり、設立以来多くのテレビ番組で取材されてきた状況から考えて、
今回の「ためしてガッテン」は、5段階評価でいうと「4」、10段階評価でいうと「7」というところでしょう。

昨年5月25日の「あさイチ 内膜症、不妊、ピルで予防」が、金メダル(10分と短かった点も大きいが)。
今回の「ためしてガッテン」は、銅メダルです。
銀メダルは何かというと、まだ差し上げる番組はありません。

もしかして、2011年11月~12月の子宮筋腫で、「ためしてガッテン」のしばらくあとに「あさイチ」がガッテンコラボでさらに充実した放送をしたときのように、今後の「あさイチ」がもう一度内膜症を取り上げてくれるなら、今度こそ260万人(あくまでも推計ですよ)のために、かつこれから内膜症になっていくあまたの少女たちのために(男性のみなさん、あなたの娘さんやお孫さんのことよ)、最高の番組になるようご協力させて頂きますが、NHKさん、いかがかしら・・・

とにかく、「あさイチ」関係者にメールを送ってみます。
まずは、決して「ためしてガッテン」のまんまを使っちゃいけないと、釘を刺さなきゃ!


さて、今回の内膜症番組の功罪を書く前に、2011年11月30日放送の子宮筋腫、「守れ、女性のカラダ! 子宮のコブの大誤解」(NHKの番組サイトに過去の放送内容が読める)について、書いておきます。
月経のある女性の1割以上にある内膜症と比べると、子宮筋腫は女性の3~4人に1人が持っている、はるかに知られている疾患なので、放送内容は基本からものすごい深掘りした内容まで幅広く、現場の産婦人科医でも「へ~~、そうなんだ」とガッテンガッテンを連打する人がチラホラいるであろうほど、充実した内容でした。
その2週間後の「あさイチ」が、ガッテンコラボとしていっそう拡充した内容で放送されたのは、難病のJEMAから見るともう羨ましい限り。
筋腫の「ガッテン」は5段階評価の5、10段階評価の9、「あさイチ」は10段階評価の満点ですよ。


では、
今回の「ためしてガッテン さらば、あのツライ痛み! 260万人を襲う謎の病」の功罪について。

【功】
1.子宮内膜症は子宮の病気ではない、という内膜症の初めの一歩が、内膜症史上初めて、かつ印象的に説明された。
 JEMAでは設立以来広めてきたことで、JEMA情報を読んだ人は知っているものの(ホームページはのべ200万アクセス超、新旧会報誌はのべ2万人超、書籍は1万5千冊超)、世間の大半の人々は知らなかったわけだから、大変良かった。
 男性回答者の「早く病気の名前を変えればいいのに」という発言は、JEMAが1994年の設立早期に医師たちによく言ったことだ。

 せっかくだから詳しく書いておくと、子宮内膜症は子宮内膜様の細胞組織が異所性に身体のどこかに発生してしまう病気で(大半は下腹部内)、性格はガンとよく似ている。つまり、ガンのように周囲の組織を犯していき(ガンほど大きくは成長しない)、筋腫は転移などしないが内膜症は転移することもある。

2.子宮と卵巣が離れているからこそ、わずかであっても逆流月経血(月経血とは子宮内膜と血液の混じったもの)が子宮の外、つまりお腹の中に広がってしまうこと、かつそれは9割以上の女性に当たり前に起こっていることだけど、免疫機構の働きの違い(どう違うかは解明されていないが)によって、1割以上の人にだけ内膜症病巣ができていくという流れが、内膜症史上初めてわかりやすく説明された。

3.患者の半数が不妊というデータもある、と原田教授が明確に語ったのは内膜症史上初めてで、こういう厳しい現実をテレビで語るのは勇気がいったと思う。
 するとその直後、小野アナウンサーが、不妊と言われても妊娠しないというわけではないですよね? と意味不明な質問をたたみかけてきたが、原田教授は、不妊治療で妊娠することもできます、とあいまい表現で納めた(あんなふうに八の字眉でつめよられたら気おくれしちゃうだろうな、男性は)。
 これって、不妊治療をすればみんな妊娠するともとれるし、そのなかの何割かが妊娠するだけともとれる(こっちが現実。JEMAデータでは不妊治療も含めたうえで内膜症女性に子どもがいるのは半数)。
 
 ちなみに、不妊というのは、排卵日前後に積極的にセックスをして、1~2年できないときに、初めて不妊と言う。そうでない段階でいろんな不妊検査をしても、子どもができるかどうかなど全くわからない。

4.治療法の薬物治療で、副作用が少なく長期に使えるピルと同じ成分の薬だけが説明されたのは、近年のテレビでは定番だが、これは尺の長い番組だから、痛みを緩和する効果だけじゃなく、基本的には排卵を抑える(作用だから)内膜症の進行を抑える、妊娠したくなったらやめればいい、なども説明されたのは、内膜症史上初めてで、画期的。
 おそらく多くの診察室で医師が言うのは、ピルの治療効果は強くはないとか弱い、だろうが、正しくは、ピルであろうが劇薬のGnRHアゴニストであろうが効果は同等で(JEMAのガイドラインページ参照)、薬の使用中は内膜症の進行は抑えられている、ということ。

 ちなみに日本の厚労省だけが、内膜症や月経痛で保険適用を与えたルナベルとヤーズを、低用量エストロゲンプロゲステロン配合剤(通称LEP)と命名しているが、これらは日本を一歩出たら避妊でも使う当たり前のピル。世界的には避妊で使うあらゆるOC(ピルは通称)を、治療にも使うだけのことで、何の区別もない。

 さらに、これまでの薬は副作用が非常に強くて半年ほどしか使えなかった、と語られたことは、素晴らしい。
 とくにGnRHアゴニストの"うつ問題"は、JEMAが2002年から出し始めた厚労省への要望書のなかでデータを元に何度も訴え、各種産婦人科学会で会場発言もしまくり、産婦人科医学界に広めたことなので、感慨深い。
 これを、あなた誰よという医者じゃなく、日本の内膜症基礎研究第一人者の鳥大・原田教授が語ったことに、大きな価値がある(原田氏とJEMAは1997年以来の関係)。

5.手術治療では負担の少ない腹腔鏡手術の説明をして、治療の締めくくりとして、根治は難しいが、コントロールできるようになった、と語ったのは、素晴らしい!

6.内膜症のがん化は1%だからこそ、卵巣チョコレート嚢胞のある人は閉経後も経過観察が必要、と締めくくったのは、内膜症史上初めで、画期的!!
 世界で一生懸命研究されているが、がん化の条件(どんな人、どんな病巣など)はまだわからないので、チョコのある卵巣ごと取り去るか、チョコを持ったまま閉経するかは、医師とよく相談したうえで患者の選択となる。
 学会ではよく知られた事実だが、卵巣がん患者のおよそ半分には卵巣チョコレート嚢胞もある(つまり内膜症女性ということ)。
 チョコを持ったまま閉経しようと考える場合は、50代は半年ごとに卵巣がんの診断で信頼できる病院を受診してねとJEMAでは説明している(50代の状態によっては60代やそれ以上も)。

7.登場した内膜症女性たちが、みな一様に、「なんでガマンしてたんだろう、もっと早く向き合えばよかった、もっと早く行けばよかった」と語り、治療を受けている今は、「楽しい、毎日元気に働ける、仕事も生活もふつうにできる」と語ったことは、多くの内膜症女性や家族をはげまし、月経痛に悩む若い女性たちの受診行動を促す効果があったと思う。

8.子宮の中で働く「子宮内膜ちゃん」の動画はすばらしい作品で、「月経(生理)」や「排卵」、生殖器の構造などを学校で教えるのに、最適の教材になる。


1.しかし、それは子宮内膜症の病巣で起こっていることと同じとは言えない。
 この100年、誰も病巣で起こっていることは目視していないし、難しいが、エストロゲンとプロゲステロンの各受容体の発現状況(出てくる状況や数)が、病巣と普通の子宮内膜組織では全く違っている。

 100歩譲って、内膜症病巣で起こっていることも「あの動画」で説明してしまうのであれば、病巣自体が1ミリ以下や数ミリの大きさであることを大前提として、動画を構成すべきである。
 卵巣や肺の病巣を、最近よく登場するPM2.5の大きさの説明画像のように(毛髪、花粉、PM2.5の断面写真がそろって表示される画像)、客観的にまるで規模が違うという事実をちゃんと呈示すべきである。

 卵巣チョコレート嚢胞は、たとえば直径5センチの大きさになっていても、実際の病巣はやはり1ミリ以下~数ミリであると、ディレクターは知っていたのか?
 JEMAを取材した多くのメディアには、こんなことは基本のキとして説明するが、今回は一切JEMAに取材がなかった希有な番組なので、こんなことになったのではないかと想像している。

 とくに、肺の内膜症の説明は、あまりに酷く、放送時から今もこれからも、視聴者に大誤解を広め続けている。
一般視聴者の誤解もイヤだが、それ以上に、内膜症女性たち自身と家族に、恐怖が始まってしまった。
 最初に志の輔氏が背広をはだけたとき、右肺全体に破れがあった時点から、ディレクターに怒りがわいた。
 そして、かの子宮内膜ちゃんが肺全体に広がってぶくぶく成長し、しゅーんと萎えていくと同時に血液が広がっていったのを見て、訂正放送レベルではないかと思った。

 医学的には月経随伴性気胸という病気(JEMAでは胸部内膜症の気胸タイプと言う)で、JEMAでは2004年からホームページ内の他臓器子宮内膜症掲示板(去年の学会で希少部位子宮内膜症と名称統一された)で、この病気の多くの女性たちをサポートし続けている(希少部位で一番人数が多いのは腸管内膜症で、この気胸タイプは2番、他にも泌尿器、へそほかいろいろある)。

 この病気で胸の内視鏡手術をするダントツ第一人者、呼吸器外科医のK医師とは以前から連絡している関係だが、放送を見ていないというので、是非再放送を録画して見て欲しいと訴えてある。

 もうみなさん想像してもらえるだろうが、肺の内膜症病巣も、1ミリ以下~数ミリなのである

 さらに、卵巣チョコレート嚢胞と違って(というかこれが特殊な状況である)、肺そのものと体を形作っているボディー内側との間には、胸腔(きょうくう)という薄い狭い空間があるので(この空間があるから呼吸できる)、内膜症病巣は、テレビに出てきた腹膜ブルーベリースポットのさらにミニサイズくらいにしか成長しない。
 そのミニ病巣の中央部に、月経時にわずかな穴があき(登場した患者さんの主治医は"破れる"と説明したようだが珍しい表現だ)、空気が入り込んでくることで、肺が強制的に縮まされてしまうわけだ。

 それに、原田教授がチラッと語った、横隔膜の穴(右ばっかりと説明してた)のほうが重要
 下腹部内にできたふつうの内膜症が、まれに横隔膜(お腹と胸をわけている広い膜組織)の下側にもでき(お腹から見たら天井)、上側の胸部にまで進んでしまうことで(胸から見たら底)、このタイプの胸の内膜症はできていくと考えられている。

 横隔膜にできた内膜症病巣が、胸の薄い狭い空間のなかで、少しずつ肺やボディー内側の表面を上がっていき、それらの勝手なところにくっついて、そこでも成長することで、月経時にそこにもピンホールの穴があき、肺胞(はいほう:両肺で何億個もある小袋)の中の空気が胸腔へと素通りするようになってしまうから、肺が縮まされてしまう、というしくみだろうと考えられている。

 横隔膜や、肺やボディー内側の内膜症病巣は、もう一度書いておくが、1ミリ以下~数ミリサイズで、2~3個の人から10~20個もある人まである。

 また、お腹の中のふつうの内膜症(ブルーベリースポットなど)は腹膜(ふくまく)が、このタイプは胸膜(きょうまく)が、病巣からときどきチビッとしみ出る血液を、吸収・処理してくれている(カラダは凄い!)。

 卵巣チョコレート嚢胞こそ特殊であるというのは、卵巣はかたい豆腐のような塊の臓器で、その塊のなかに1ミリ以下の内膜症病巣が入りこんでしまうため(排卵直後)、病巣からときどきチビッとしみ出る血液を吸収・処理してくれる腹膜がないので、ときどきチビッと出る血液はたまりつづけるしかなく、年月をかけて少~しずつ成長し、3センチとか6センチなどになっていくわけ。

 ちなみに、何年にもわたって最初の血液から卵巣内にたまり続けているという点で、血液のなかの鉄分が年月をかけて少~しずつ悪さをして、卵巣チョコレート嚢胞はガン化していくと考えられている。

2.患者は推計260万人もいて、それこそ1万とおりほども病状や治療経過があるだろうに(とくに医師の手術技術差が大きい)、そのたった1人でしかないタレントや著名人を、わざわざ時間を多くとって、再現ドラマで劇的に扱うのは、本当にもうやめてもらいたい。
 「ためしてガッテン」で、病気のタレントや著名人をこのように再現ドラマで登場させたケースがあったのなら、是非教えてほしい。

 何が問題かというと、そういうタレントや著名人が関わってきた医師たちは、とくに内膜症にたけているわけではないのに、その普通の医師たちが語ったことや行った治療状況が、まことしやかにテレビから垂れ流されることで、内膜症女性と家族に大いに混乱を招くことだ。
 
 今回の例で言えば、不妊問題の扱いがいただけない。
 彼女の主治医が、自分が卵巣チョコレート嚢胞を取る手術をすれば、元気になって仕事に復帰できるという説明はそのとおりというか、当たり前のことだし、子どもが生まれるまで責任をもってサポートするというならそうしてあげてほしいが、保存手術でいかにも子どもができやすくなるみたいな甘いウソは、やめてほしい。
 
 いまどき、結婚していて子どもを欲している内膜症女性に保存手術を勧めるとき、こんな甘い説明をする医師は少数派だ。
 一般的にはこう説明する。
  「手術をしても再発率は高いので、子どもがほしいなら早くトライしましょう(できるだけ若いうちに)。不妊の場合も多いので、不妊治療を考慮する必要もあります。術後にすぐ子どもを作らないのであれば、再発予防として術後は低用量ピルや黄体ホルモン剤を使っていきましょう。」

 日本産婦人科学会のデータでとうに明確に出ているが、それなりの医師が手術しても痛みが緩和する率は結構あるが、誰が手術しても(名医でも)子どもができるようになる率はそう高くはないし、20代の再発率は非常に高い。

 まして、2005年あたりから世界でも日本でも明確にガイドラインで書かれているのが(JEMAのガイドラインページを参照)、保存手術をして妊娠率が上がるのは1期2期(チョコレート嚢胞ができる前のレベル)であって、チョコレート嚢胞が3センチ以上になっている場合は、妊娠するより前に卵巣をいじる保存手術は十分考慮しなければならない(そう簡単にやっちゃいけないってこと)。

 ついでに書いておくと、内膜症なんぞがあろうとなかろうと、21世紀になってからの不妊医療の大原則は、不妊の第一原因は「卵子の年齢」ということ(NHK報道系番組が去年しっかりとりあげた「卵子の老化という衝撃」を参照)。
 現在、日本のカップルの不妊率は6組に1組になっているが(一昔前は10組に1組だったが)、内膜症女性でいうと半分になってしまうわけで(内膜症の不妊率は誰がどうとったデータかで大きな差があり、もっと良いデータもある)、内膜症は昔も今も不妊治療医たちの大きな壁になっている。

3.内膜症の1種、「子宮腺筋症」が全く欠落していた。
 JEMAデータでは内膜症女性の3割に腺筋症がある。
 ちなみに学会では肺の内膜症は1%もないと言われている(0.1%もないかも)。
 まあ、あの番組なら、さらに腺筋症まで説明するのは無理だったのかもしれないが、肺の内膜症を大間違いの説明で長々と扱ってしまったわけで、そもそも肺タイプなどは取り上げず、著名人の再現ドラマも割愛して(不妊のことは人物なしで説明すればよい)、腺筋症を取り上げるべきだったのではないか。


とりあえず、再放送前なので、まとまりのない文章ですが、このへんでいったんアップしておきます(25日朝)。

* 26日(夜)、少し加筆修正しました。

下のリンクからアマゾンでお買いものいただくと、金額の数%がJEMAに寄付されます

 Amazon.co.jpアソシエイト